千田 和也 自己紹介へ

高気密・高断熱の歴史④

 

 

シックハウス症候群を発症させないためにどうしたか。

 

シックハウス症候群の原因となる、「ホルムアルデヒド」と「クロルピリホス」の使用を制限する法律ができました。

「ホルムアルデヒド」は合板の接着剤、「クロルピリホス」はシロアリ駆除に使われていた化学物質です。

 

また、「24時間換気システム」の導入が義務付けられました。

皆さんのご自宅のお部屋にも換気口が付いていると思います。

あれのおかげで、1時間で家の半分の空気が、知らない間に入れ替わっています。

 

外の音がうるさくても、健康のためには、あれは閉めてちゃいけないものなのです

 

化学物質の使用を法律で制限しても、大事なのは「換気」です。

化学物質は建材だけではなく、カーテンや消臭剤・電化製品からも発散されている場合があるので、換気しないと室内に蓄積し、健康を害する要因になります。

必ず開けてくださいね。

 

と、このような歴史があり、現在の【高気密・高断熱の住宅】が誕生しています。

 

「ただ気密性能を高める」「ただ断熱性能を高める」で快適ぃぃぃい!だけではなく、その結果の人体や建物に対する影響も複合的に考えなければいけません。

 

24時間換気以外にも、なるべく自然素材を使ったり、効率よく換気を行うことができる窓の配置をすることも健康につながります。

 

千葉建設は、「住む人」の健康「建物」の健康を考えた「安心・安全で健康的な家づくり」を行っています。

 

 

千葉建設の家づくりをもっと知りたい方へ


資料請求はこちら
 
お問い合わせはこちら
 
施工事例はこちら

 

 

1ページ (全23ページ中)