千田 和也 自己紹介へ

シックハウス症候群

 

 

昔から聞いたことあるけど、実際どういうことなの?

名前は知っていましたが、説明してと言われると意外と説明できないものです。

 

住宅の高気密化が進むに従って、建材等(塗料や接着剤)から発生する化学物質などによる室内空気汚染等と、それによる健康被害のことを「シックハウス症候群」と呼びます。

 

「目がチカチカする」「鼻水」「のどの乾燥」「吐き気」「頭痛」「湿疹」などの症状が出る場合があるとのこと。

 

近年、エアコンなどの効きを良くするために高気密化が進み、家に隙間がなくなるので室内の空気がこもります。

そのため化学物質が室内の空気中に充満し、それを日常的に体内に取り入れてしまうことで、そのような症状を引き起こすことがあるそうです。

 

ただただ高気密化すれば良いってもんじゃないってことですね。

 

実は木材や壁紙、家具には塗料や接着剤が使用されていて、化学物質を使用し作られているものも数多く存在します。

※電化製品や電子機器、カーテンからだって化学物質が出ているものがたくさんあります。

そういうものは、値段も安いし便利だから、家を建てる際、価格を下げたいときに使いがちではあるんですけど、実は体にはあんまり良くないものが多いよってことです。

そういうのも理解したうえで選択するのが良いかと思います。

 

安いというだけで家を建ててしまうと、大変なことになってしまうかも…。

特にアレルギーをお持ちの方は注意が必要です。

 

でも全部ダメというわけではなく、できるだけ自然のもの(無垢材、漆喰、自然由来の塗料など)を使うことが健康には一番なので、要所要所で取り入れることも大事かなというところです。

 

是非その辺も考えながら、家づくりを検討していただけたらと思います。

わからないことがあれば何でも聞いてください!

 

千葉建設では安心安全で健康な家づくりをしています。

 

 

 

千葉建設の家づくりをもっと知りたい方へ


資料請求はこちら
 
お問い合わせはこちら
 
施工事例はこちら

 

 

1ページ (全26ページ中)