こんにちは。

 

坪単価は注文住宅を検討し始めた際に、まず出てくるワードかもしれません。

が、かなり重要なワードです。

 

「坪単価」とは、家を建てる時の1坪(3.3㎡)あたりの建築費用のことです。

2階建ての場合は、「1階と2階を合わせた坪数(延床面積)」で計算されます。

例えば延床面積100㎡(約30坪)で2,400万円の住宅であれば、坪単価80万円程となります。

 

ある程度、坪単価を目安に価格設定やハウスメーカーや工務店を選ばれる方が多いかと思いますが、気を付けなければいけない点があります。

それは、公式な決まりが無く、坪単価に何が含まれているのかは、会社によってバラバラだということです。

 

どういうことかというと、下記のように様々です。

 

・A社では、建物そのものの金額だけを表している。

・B社では、建物と建物内のお風呂やトイレなど必須のものだけが含まれている。

・C社では、B社に加えてエアコンなどの設備も含まれている。

・D社では、C社に加え、カーテンや給排水設備まで含んだおおよその金額。

 

そのため、それぞれの工務店やハウスメーカーで何が含まれた金額なのかを確認しなければ、比べることができません。

※ちなみに上記の例で言えば千葉建設はD社です。

 

実際に坪単価は安くても、設備などを坪単価に含んでいなければ、結果的にかなり高額になる可能性もあります。

 

また、建物が安すぎるのも注意が必要です。

建材の質が安く悪いものを使用していると、健康被害が出てしまったり、想定以上の不具合が出て、メンテナンス費用がかなりかかってしまったり…。

結果として、生活しながらストレスを感じつつ、さらに普通に建てるよりコストが掛かってしまう可能性もあります。

そうなると全く良いことなしです。

 

もし人件費を削減している場合、一人当たりの仕事量が膨大になり、工事の質の確認ではなく、それぞれの現場で「予定通り進んでいるか」の確認だけになっている可能性もあります。

 

その辺も確認しながら、その可能性も考慮しながら選んでいただければと思います。

 

「迷う理由が金額なら買え、買う理由が金額ならやめとけ」です。

値段で買う場合は、そのものの質は見ていない時です。

 

ほとんどの方が今後の人生に関わる最大の買い物になると思います。

 

千葉建設では、ローコストのハウスメーカーさんに比べたら確かに初期コストは高く見えるかもしれません。

その代わり、職人さんの教育、材料の質、将来を見据えたランニングコストにもしっかりこだわった納得価格で家づくりをしています。

 

 

 

千葉建設の家づくりをもっと知りたい方へ


資料請求はこちら
 
お問い合わせはこちら
 
施工事例はこちら

 

 

1ページ (全23ページ中)