こんにちは。

食洗器って使っていますか?

 

食洗器にも「浅型」「深型」「フロントオープン」の3種類があります。

今回はビルドインタイプのお話です。

 

浅型と深型はその名の通りです。

引き出した食洗器内の深さが違います。

容量や入るものの大きさ、1度に洗える食器の数も違ってきます。

食器の数で言うと10点分くらい。

 

人数で言うと2人なら浅型で十分かもしれませんが、3人以上になると深型の方がいいかもしれないなーというのは、個人的な感想です。

大きいお皿が多いご家庭も深型じゃないと入らない可能性もあります。

 

浅型のメリットは、「使う洗剤の量が少ない」「食洗器の下に収納が付けられる」「深型より価格が安い

深型のメリットは、「浅型よりたくさん入る」「出し入れしやすい」「大きい食器や鍋類も入れられる

 

ただ、浅型の方が安いと言いましたが、正直あまり金額は変わりません。

人数が増える予定がない家庭や、基本的に手洗いしたい方以外は深型の方が良いかもしれません。

 

 

もう一つ、最近人気の「フロントオープン」

オープンフロント食洗器と言えばドイツ製の「ミーレ」とよく話題になりました。

少し前までは海外製のものしかなったのですが、続々と日本のメーカーでも自社製品として扱うようになってきています。

それほど人気です!

 

普通の食洗器は引き出して上から食器を入れます。

オープンフロントの食洗器は、スライドではなく、前がパカッと全部開きます。

前が全部開くからフロントオープンって言うんですけどね。

 

中もカゴが段になっていて、上下のカゴを別々に引き出すことができるため食器が入れやすいです。

 

そして大容量!

1度に10人分くらいの食器や調理器具やフライパンなんかも洗えます。

1日分の食器を1回で洗えてしまいます!

 

今までは海外製が多かったので、取り付けするにも修理するのに時間がかかったり、費用が高額になったり、選択するにあたってよく考えるとめちゃくちゃ困ることもありましたが、日本製でも現在では選べるくらい種類があるので安心ですね。

 

家族が多い洗い物が多い調理器具が多い方フロントオープンが良いかもしれません。

デメリットとしては、「価格が高い」「食器の出し入れの際にかがむ」くらいでしょうか。

※そもそもかがむのはデメリットなのでしょうか。

日本製が増えたので種類が選べないというデメリットもなくなりました。

 

ちなみに電気代は1回につき

浅型※約25円 < 深型※約30円 < フロントオープン※約35円

メーカーにもよりますがそれぞれ5円ずつくらい違います。

 

入らなかった食器があって、それは個別で手洗いして…と考えると、水や洗剤を余計に使うことになるので、この5円にどれほどの違いがあるのかはご家庭次第です。

また、普通の食洗器は食事毎に使用するのに対し、フロントオープンは1日1回で良いので、そういう考え方をすれば、フロントオープンの方が電気代も洗剤も節約できるかもしれません。

 

パナソニックでもフロントオープンのものが出たので、次回はそちらを紹介させていただこうと思います。

 

 

 

 

千葉建設の家づくりをもっと知りたい方へ


資料請求はこちら
 
お問い合わせはこちら
 
施工事例はこちら

 

 

1ページ (全23ページ中)