スタッフブログ

水沢職業訓練校に3名入校!

千葉 聡 自己紹介へ
2021/04/19(月) すべてその他

4/16水沢高等職業訓練校の入校式があり、出席してきました。
(輩出事業主ということで、保護者的な立場です。)
今年は千葉建設から2名、建匠から1名が「建築施工系木造建築課」に入校しました。
オノダ様と協和建工様からも入校され、新入生は5名でした。

まずは黒沢校長からの式辞により歓迎を受けました。次に来賓の髙橋金ヶ崎町長からは、祝辞で「技術者不足の時代なので、訓練校で技術を習得し、貴重な人材として活躍するように」と激励を受けました。

そして、「在校生からの歓迎のことば」は、2年生千葉建設の佐藤海翔が務めました。
「期待と不安を乗り越え、失敗と成功を繰り返すことで人間は成長します。訓練校に入校した皆さんはその機会を得たので、どんどんチャレンジしてください。」と話し、とても頼もしく感じました。

画像

 

画像

 

さて、千葉建設グループとしては、主に高校新卒入社の社員を訓練校に通わせています。
近年新卒入社が増えたことで、今年で7年間連続となります。
木造建築課の授業は、2年間。週2回(火、金)。仕事の時間で、建築基礎知識から木材加工実習まで、幅広く建築を学びます。
大工などの職人も、座学で建築の基礎を学び、現場監督や設計士を目指すものも、ノミやゲンノウ(かなづち)などで木材加工を学びます。
これは遠回りのようですが、非常に価値があると思っています。それは、年を重ね仕事の専門性が高まっていくと経験できなくなることだからであり、その知識や経験に無駄はありません。


あらためて5名の入校性の皆さん、おめでとうございます!
そして、訓練校の皆さま、先生方におかれましては、技術習得の学びの場を整えていただき、感謝いたします。この環境をフルに活かせるように、会社としても後押しして参ります!

 

 

記事一覧

1ページ (全14ページ中)

ページトップへ