今回は遮熱(しゃねつ)です。

最近、「遮熱カーテン」「遮熱ガラス」など、耳にする人も増えてきたのではないでしょうか。

 

ただ、

実際、【遮熱ってなんなの?】

【断熱との違いは何なの?】

 

確かに言葉は知っているけど、説明してと言われると心配…なので調べてみました!!

 

まず、【断熱】家の中の空気を維持します。

例えば、夏場にエアコンで冷やした空気、冬場であれば暖めた空気を外に逃がさない。

また、外気の熱を「室内に」侵入させない。そのような目的があります。

 

外壁や屋根などに使われる「断熱材」は、外気や日光の熱を断熱材の部分で留めて、室内に入れないような役割を持っています。

 

 

【遮熱】は主に熱の侵入を表面で防ぐのが目的なので、主に夏に効果を発揮します。

少し似ているようですが、断熱と違うのは留めるのではなく、反射させるという点!

また、外気の熱というより太陽熱への対策です。

太陽熱は透明な部分を通過します。

主にガラスを通過して入ってくるので、ガラスに対策が必要というわけです。

 

家の構造として室内の壁があり、があり、その外側に断熱材があり、外壁やガラスがあります。

 

断熱は断熱材を境に室内で空気を維持し、室外の空気を侵入しにくくします。

一方、太陽熱をガラスなど(表面)で反射することで室内に熱を入れないのが遮熱です。

 

間違ってはいけないのは、遮熱だけではほとんど効果が無いということ。

遮熱性能だけ高めても、室内の空気が外気に影響されてしまうと意味がありません。

 

そのため、快適な室内を作るためには、【まず断熱】が必要です。

断熱性能をしっかり高め、遮熱対策をすることで特に夏場は快適かつ省エネに過ごせます。

以上、遮熱でした。

 

 

 

千葉建設の家づくりをもっと知りたい方へ


資料請求はこちら
 
お問い合わせはこちら
 
施工事例はこちら

 

 

1ページ (全26ページ中)