千田 和也 自己紹介へ

リフォームとリノベーション

 

 

「リフォームを検討している。」

「リノベーションを検討している。」

 

どちらも似ているようで実は違います。

 

何が違うのか…。

リフォーム」は一般的に老朽化した建物の工事部分を新築時の状態に戻すことを指します。

つまり、マイナス状態にあるものをゼロに戻すのがリフォームです。

壁紙の貼替や外壁の塗り直し、(ちょっとした)水回りの工事などが該当します。

 

リノベーション」は、既存の建物に大規模な工事を行うことで、断熱や耐震など含めて、もともとの性能よりも向上させたり、価値を高めたりすることを指します。

つまり、リフォーム+α。

またはそんなに老朽化していなくても手を加え、工事部分を新築時の状態よりも向上させるのがリノベーションです。

お風呂やキッチンそのものの交換、間取りの変更などが該当します。

※ビルドインコンロを交換するのはリフォーム、コンロだけでなくシンクや調理台も含め全体を変えるのはリノベーションになります。

 

「リフォーム」より「リノベーション」の方が金額は高くなりますが、工事部分の性能が向上することと、現在の生活スタイルに合った間取りに変更もできるので、暮らしやすくなるのがメリットです。

 

また、建て替えを検討している場合は、住宅を改築(基礎から全て建て替える)するより、リノベーションでも一度検討してみてください。

金額的にはリノベーションの方が断然安いですし、完成後の見た目も性能も新築と大差ありません。

 

千葉建設では注文新築住宅もですが、リノベーション実績も豊富にあります。

お見積もりや現地調査なども無料ですので、「聞いてみるだけ」でも「他社との比較」でも是非一度ご相談ください。

 

千葉建設では、この地域に住む方の住宅に関するお悩みなどにも対応します!!

 

 

 

千葉建設の家づくりをもっと知りたい方へ


資料請求はこちら
 
お問い合わせはこちら
 
施工事例はこちら

 

 

1ページ (全26ページ中)