ページトップへ

よくあるご質問

新築住宅

Q. 外断熱と内断熱ってどう違うんですか?

木造住宅の断熱工法は、断熱材を外壁と内壁の壁空洞に、柱と柱の間に埋め込むように入れる内断熱が主流です。
内断熱の方法を採用した場合、壁体内に水蒸気が進入して結露を引き起こさないよう、防湿シートを室内側に張り込みます。しかし、この防湿シートの継ぎ目やスイッチ、コンセントの取り付け部分の隙間から水蒸気が進入して内部結露を引き起こすことがあります。
内断熱工法では、冬になると室内側の水蒸気分圧が屋外側よりも高くなり、水蒸気が断熱材を浸透する過程で冷やされて比較的結露が発生しやすいのです。
これに対して壁空洞を残したまま、柱の外側に板状の断熱材を途切れることなく張りつめるのが「外断熱」=外張り断熱工法です。
外断熱工法は建物全体を断熱材で包み込むため、高気密化が容易に実現でき、躯体が外気温に左右されにくい構造になります。また、熱負担が小さくエネルギー消費が抑えられる為、暖房機などの負担が小さくなります。
そして、断熱材が構造体より外側にあるため、結露の発生の心配が少なく、結露から生じるカビ、そのカビをえさにするダニの発生を抑えます。
さらには、エアサイクルの家では土台や柱などの木材に動く空気が触れるため、劣化が少なく、建物の寿命が延びるのも大きな特徴です。

 

 

Q. どのような工法を用いていますか?また、その特徴はなんですか?

当社の建物は木造在来工法です。
木造の場合、木造在来工法と枠組壁工法と大きく2つに分かれます。

木造在来工法は、日本古来からの伝統的な住宅建築工法で、別名「軸組工法」とも呼ばれます。
土台、柱、梁、筋違等を構造の基本とし、上からの重量や地震など横からの揺れを支えます。地震に弱いとされてきたが、近年は建築基準の強化や各種の補強工法等の普及により、強度や耐震性等についても全く問題ない工法といえます。
また、敷地の形態に応じて設計の自由度が高く、間取りやデザイン等の制約が少ない。他工法に比べ増改築が比較的容易で、日本の気候風土に合致し居住性が高いといった利点があります。

一方、枠組壁工法はアメリカ・カナダで開発された建築工法で、別名「2×4(ツーバイフォー)工法」とも呼ばれます。
基本的に2×4インチ(5×10cm)の断面の木材で作られた枠組に構造用合板を釘打ちした木製パネルを組み合せて床、壁、天井などの面を構成します。その釘の種類・本数などが構造強度の面から重要になりますが、一般の在来工法に比べると、地震に対する強度が強いとされています。
ただし、在来工法に比べ開口部が制限される場合があり、設計の自由度が低いため「フルオーダー」の家づくりを掲げる当社では在来工法を採用しております。

 

 

Q. 家づくりにはどれくらいの時間がかかりますか?

建物の規模などによるところが大きいので一概には言えませんが、標準的なスケジュールを建築プロセスのページにてご紹介しておりますので、そちらをご覧ください。

 家が出来るまで

 

 

Q. 坪単価とはどういうことですか?坪単価には何が含まれているのですか?

坪単価とはその名の通り、建設費における一坪(3.3m2)当たりの単価です。
ただし、坪単価は値段の目安です。かかった本体工事費を坪数で割った、あくまでも結果としての数字です。
そして、小さい家ほど坪単価は高く、大きい家ほど坪単価は安くなる傾向にあります。
また各社によって坪単価に含まれる内容が異なっている場合も多く、その内容を詳細に確認しなければ一概に価格を評価できません。
何度も言うようですが坪単価は目安程度にお考え頂き、実際に進められる際は建設費の総額でお考え頂く事をお勧めいたします。

 

 

Q. 家を建てたいのですが、資金はいくら必要ですか?

注文住宅の場合、建物の規模、仕様などによって大きな差があり、一概に明確にはいくらとは言えません。
また、当社では大手ハウスメーカーのように標準の間取りや仕様を作成しておりません。
お客様の予算とライフスタイルやこだわりをもとに、お客様に合った提案をさせていただきます。
また、建売住宅は価格を明示してあります。参考にしてみてください。
なお、本体工事費のほかに別工事として、門やカーポートなどの外構工事や造園工事があるほか、工事以外の諸経費も考慮しておく必要があります。
主な諸経費は、  

・建築確認申請や各種登記に必要な手続き申請料。
・火災保険などの保険料。
・登録免許税、不動産取得税、固定資産税など各種税金。  

などがあります。これらについては、当社ではお客様が資金計画を立てる際にご説明いたしております。

 

 

Q. 家を建てたいのですが、まず何をしたらよいですか?

当社に相談に来ていただければ、不安や疑問に対してお答えし、家づくりに向けたアドバイスをさせていただきます。  
ただ、いい家づくりをするためには、お客様自身に必要な心構えがあります。 それは、以下の3つ。
 
※自分たちが「新しい家」でどう暮らしたいかということ。
※自分の資金能力を理解すること。
※雑誌・情報誌、WEBサイト、現場見学会などで知識やイメージを広げること。

これらの心構えがあるかないかで、その後の展開が大きく変わるでしょう。

 

 

不動産

Q. 建築条件付きの土地って?

建築条件付きの土地とは、土地を購入しそこに家を建てる場合、あらかじめ建築業者が指定されている土地のことを言います。
建築条件付きの土地では、施工計画のスケジュールも指定されますので、よくご確認ください。