ページトップへ

エアサイクルの家

このエアサイクル住宅は、日本古来の在来木造軸組工法の特徴を生かし、自由な設計の中で、健康的にかつ安全な暮らしを提供できる最高の工法だと確信していますし、トップはもちろんのこと、工事に関わる全ての人が愛している工法です。

 

   エアサイクル部材のご案内

 

エアオープナー(小屋裏換気口)
      夏モードと冬モードの切替のための小屋裏換気口。
スイッチで簡単に開閉ができ、エアサイクルシステムの衣替えをします。

 

Cmボード
      Cmボードは、エアサイクル用の外張り断熱材です。断熱材の内側がダイヤカット形状なのが大きなポイントです。
この凸凹により、壁の中の空気の流れがスムーズになり、柱や土台といった木材に、まんべんなく空気が触れることで、常に乾燥を保ちます。

 

桁パネル
     

天井裏の桁ラインに取り付ける断熱パネルです。
気密の確保が容易にできるのが特徴です。
パネルの厚みを変えたり、後から重ねたりして、簡単に断熱性能を上げることが出来ます。

 

コラムベースシステム
     
コラムベースシステムは、「住宅型式性能認定」を取得したオリジナル基礎工法です。
日本の高温多湿という気候を考慮し、昔ながらの束石工法の良さを取り入れることで通気性能の向上が図られ木材が乾燥します。木材が乾燥しているとカビや白アリの発生を抑える事ができ、住宅の耐久力が向上します。さらに、木材の乾燥により木材強度も向上するため強い家が実現します。

 

プラキソ
      プラキソは、外周基礎コンクリート部分を内外合わせて100mmの断熱材で覆い包む基礎断熱です。
床下の温度や湿度を安定させ、夏も冬も健康的な環境を保ちます。
また、通気パッキンを使用することにより、土台の木材がコンクリートに直接触れていないため空気に触れ、腐朽を防ぎ、土台の下と壁内に空気の流れを形成しています。

 

エアオープナー(床下換気口)
       開閉機能を持った床下換気口で、夏期は開けて床下の通気性を高めて床下の涼気を壁の中などへ送り、冬期は閉じることで床下空間の断熱性を高めます。